アフィリエイトで稼ぐ為の基本 小技や新情報の使い方 心理学から学ぶ成功への道を進もう!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングのカテゴリーによっては

週間OUT数が桁違いなモノがあります

10万とか100万以上のモノです

(ちなみに桁とは そろばんの「珠」を通している「軸」のことを「桁」といいます。桁が変わるから桁違いとなったのです)



週間IN数も万単位なので一位どころか100位になるのも一苦労なジャンルです


しかし人気blogランキングで一位を取るためのブログではないのです

※一位を取るためには8時間労働並みの努力、半年以上が必要かと思います


OUT数が多いことはそのまま興味があるユーザーの多さにつながります

出来立てサイトで2週間ぐらいには100人、200人以上入れることは比較的簡単なのです

手馴れてくると開始5日後には日200円ブログに出来ます

※ぴたっとマッチを使ってです 36クリックぐらいでした
※アドセンスならそれ以上の金額に跳ね上がります 強豪は金額競争もかなりありますから


つまり収益に繋がりやすいものがこの強豪カテゴリーなのです

クリック課金は表示回数の約1%と考えるとユーザーの多さが生きてきます


ただ

・検索されやすい記事タイトル付け
・興味を持ちやすいサイト内容
・一日の更新量 3~20記事、多いほど効果が高い
・クリックされやすい位置
・表示されるまでの時間

などなど

とにかく細かく見ていかないとつらいカテゴリーでもあるのです



強豪カテゴリーを探してみてはいかがでしょう!!
人気blogランキング


力を蓄えておきましょう!!
ブログアフィリエイトの土台作り 最初スタートダッシュ

複数の検索エンジンへ無料登録
スポンサーサイト
まず あなたのブログに来ている人に『ふるい』をかけ終わっている事を知っていてください

人気blogランキング

ドラマが好きならドラマのブログ、競馬ブログ、アニメブログも好きな人が見に来ています

「嫌いな人、興味がない」のに毎回みていることはめったにありません


つまり

同じ趣味同士・・・『類友』なのです

「類友・・自分も似たもの」となります


そうするとアフィリエイトの売り方/コツが見えてきます

自分が欲しくなる紹介の仕方がそのまま訪問客への売り方になるのです!!


しかし、自分の欲しくなる紹介が全然思いつかない場合もあります

その時は、逆の発想で

自分が欲しくならない紹介の仕方を探すのです



自分のブログになると変な先入観で間違うこともあります

ほかの人の紹介の仕方を見てみましょう

人気blogランキング
iiP-Navi/ランキング&トラックバックセンター


見るポイントはその紹介で自分が絶対に欲しくならない貼り方を見ます

※時々クリックしたくなるモノもあります 押さえときましょう!


記事内の紹介文で欲しくなりますか?
サイドカラムに大量アフィリで見ていますか?


自分が欲しくないやり方をしても成果はほとんど出ません

最初のねらい目は『自分』なのです


他のブログを見ながら自分自身を観察かんさつ~♪
人気blogランキング

iiP-Navi/ランキング&トラックバックセンター


違う記事もみていく?
大ヒット商品を見つける最重要ツール アクセス解析

複数の検索エンジンへ無料登録


アンカリング効果とは 始めに印象に残った数字や物が、その後の判断全体にまで影響を及ぼす心理の傾向のこと。行動経済学でとくに注目されるようになったものです


例えるなら、オリンピックの審査員が最初につけた点数で、続く選手が高得点連発したり辛口だったりすることです

ではどのくらい最初の数字に惹かれるのか ためしてガッテン!がやっていた実験です

・次の数字を5秒で出来るだけ計算してください。5秒過ぎたら見ないようにしてください 右手か左手でリズムを取るように叩くと5秒がわかりやすいです

『1×2×3×4×5×6×7×8×9』

では その式の答えを予想して見てください

・次の数字も5秒で出来るだけ計算してください。5秒過ぎたら見ないようにしてください 右手か左手でリズムを取るように叩くと5秒がわかりやすいです

『9×8×7×6×5×4×3×2×1』

では その式の答えを予想して見てください

両方出たら、今度は計算機で本当の答えを出しましょう

どうですか 全然違うことに驚きです!(予想 上平均300、下平均3000)
人はこのぐらい最初の数字に惑わされてしまいます

店で 外から見える「ショーケース」(最初に目にする数字)に入っている商品は、普通その店で一番高い商品です

そして、店内などでよく見かける値引きの札10,000円 7,000円」
は、値引く前の値段が一本線で消されています 

これは 値引く前の値段に先に目を行かせたいのです これで「7,000円」と書いてある時より安く感じるのです これがアンカリング効果です

サイトでするなら、トップの良く見えるところに「おすすめ」をつくりそのサイトで扱っている「1番高い商品」を見せることです それで無意識の基準が出来ます。

善良サイトならそれだけで、収入に差が出ると思います

おつかれさまです 長かったでしょう人気blogランキングで一休みしていきませんか?

それとも人気blogランキングの画像をオリジナルにしてみように行きます?
商品を購入(登録)してもらうために、色々「良い所」を書いていると思います。

しかし、言葉でいくら説明されても、ユーザーは欲しくなるとは限りません
ところが、一度体験してしまうとその商品のよさがわかり。自分から「欲しい商品だ」と思い込んでしまいます。

そこが、お試し商品の狙いなのです。

デパートの試食品を食べてみたら「1つぐらいなら」とつい買ってしまうアレです。
体験を境にコロっと意見が変わってしまう。

これは、『体験が何よりも強力な説得力』があるということです。

サンプルは探せば色々とあります。

・ゲームの体験版
・DVDのサンプルムービー
・サプリメントの無料体験キャンペーン

などなど

ただ、DVDのサンプルムービーなどは契約しているECサイト(広告主)の規約をよく読んでください。違反はダメですよ

人気blogランキングへ遊びにいってみる!


お得感で広告収入を上げよう アフィリエイトは心理戦

訪問者を虜に 人気サイトっぽくみせよう
知人との1コマ
『このまえ、情報商材の無料DLをしてみたんだ』『そしたら、迷惑メールが多くてメアド変えた』
どうしてDLしたんだと聞くと、『妙に引かれちゃって』

この時、あることに気が付きました それは

情報商材のサイトは売るためのいろいろな仕掛けが満載ということに
「売れるサイトのコツ」を実は、すでに見せていたのです

「他の人にお金が入るなんて」と今まで意識的に無視してきた広告サイトを今、見回っています
☆ 『自分にはリスク無しジャン メリットだけジャン』とイージャンの法則?発動しました!!

ほとんどは、つまらないと思うサイトばかりですが、中にはかなり惹きつけられるものもあります。

※広告サイトを見たい人、気になった人はすぐに見にいってね♪上下右にありますよ~ これらのサイトを見ても冷静でいてくださいね 惹きつけられたものは自分の肌に合っているという事です

ただ、作るとしても全部がすごく縦長のサイトなのです
できるだけ短い記事に には反しちゃいますね。(この記事は反してでも伝えたかったのです)

それは、1ページに全ての情報を入れるからです、この1ページを上から下まで見させます。

リンクなどによって読まれる順番を変えられたくないのです。これは、人に「それを購入したあとのイメージをとにかくうえつける事」が大事だからです。

これさえしっかりしていれば、説得(売り上げ)は容易ということですね。

そして、必ず値引きしています 
こういう風に 39,800円 いまなら10,500円

これは「アンカリング効果」というもので、(無意識の基準 アンカリング効果を知ろうをみてね)これに関しては一般的な手法とされます。 お店でよくみかけますよね

気になった人はすぐに見にいってね♪上下右にありますよ~ くれぐれも冷静に
「ミイラ取りがミイラにならないように」


情報商材サイトの手法を、一般サイトに使うには もう少し優しく自分流に組み立て直してください。

すぐに、行動できる人は『稼げる脳』 先送りにする人は『稼げない脳』とある本に書いありました。
あなたはどっち?

↓この記事に「はっ」として行動していますという人は↓

別ウィンドウで開きます

↓「たいしたことないじゃないか」という人は↓
人気blogランキングへ


そのまま行っちゃいます
お店に行くとよく「セット」「単品」が仲良くならんでますね。
あれは、セット商品を買ってもらいたいための戦略です。

※例
チャーハン単品:1,000円
ランチセット(スープ、チャーハン、サラダなど):1,300円

カップ単品:2,000円
カップセット:2,500円

どっちがお得な感じがしますか?やっぱり「セット」のほうが安い感じがしますよね
その訳は、単品商品は高めに設定してあるからです。

これは、商売の小技アフィリエイト自分で金額を設定できないので(できるのもあるのかもしれません) このお得感を出す為に「限定品」・「特典付き」を使うのです

Amazonなどで安く手に入るものといっしょに、他のところで「ここだけの特典」を探して、いっしょに載せましょう。

逆に単品に目が行く載せ方もあります。記事を書いたらリンクします。

同カテゴリー良いものより良さそうな物を
物を買うときなど、ほとんどの場合「良いものより良さそうな物」が売れやすいのです。
商売・オークションの基本ですね

自分が「これだ!」と思う商品がクリックすらあまり無いということはよくあります。
逆に、「こんなもの?」と、紹介すらためらうものが売れていることもあります。

商品を買う人は、その人の欲しい物・良いと思った物を買ってくれます
自分の価値観とは違うのです。

そして、その商品が良いかどうかはユーザーの判断なのです。
「~がお得」とか「~が良い」だらけの紹介より、ただ特徴を書いてあるほうが見ていってくれます。

複数の店の比較などもかなり効果が期待できます。

お得感で広告収入を上げよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。