アフィリエイトで稼ぐ為の基本 小技や新情報の使い方 心理学から学ぶ成功への道を進もう!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たま~に凝り過ぎて何がどこにあるのか、分かりにくいページに遭遇することがあります
これは訪問者にストレスを与てるよ~で、あまり良い印象を持ってもらえないでしょ~から

運営者は他人が見てるて事を、考慮したページ(メニュー)作りをしましょ~
スポンサーサイト
ある情報を得ようとか
何かを要求したりすると
大手、中小、個人に関係なく
あ~なんて様々事柄を要求してくるサイトが多い事か・・・
正直うんざりしてます。(利用者に負担を与えてる場合が多い。)


それなりに自身のサイトに自信はあるのだが
なんとなく売上が上がらない、リアクションが少ない
なんていう症状がでてるなら
自サイトを再点検してみては?
(本当に必要な事柄だけを利用者に要求してるのか?)

「あなたのサイトは、お金を支払ってでも見たいですか?」
内容がないとダメって言う人がいますが
本当に内容がないとダメなのでしょうか?

中身のある・ないを決めるのはユーザーです

ある人から見て
一行でも一文字でも有益な情報があれば
ダメではないのです。

あなたの情報を欲してる人が必ずいるのだ!!
という事を信じて、その気持ちを持ち続ける事が大事です。
今から述べる事は(あくまでも個人的な主観です。)
アクセス数が多いとか、人気があるとかは
サイト運営していて、管理者が満足していればどうでもよい事ですが

最初から低い目標を設定してる人が多い為かもしれません。

なぜ?低い目標を設定するのか?
すでに同カテゴリーに有名のサイトがあり
自分には到底作れないと、あきらめてしまい。
自分でも手が届きそうな手短なサイトを手本&目標にする為

この場合どうなるのか?
自サイトを作成&運営した場合「ま~こんなもんで良いか」などと
安易な妥協を積み重ねていく事になると予想できます。

その結果どうなるか?
私がここで結果を言わなくても、分かると思いますが・・・
(自分の理想とするサイトに近づける為には
目標は少し高めに設定した方が良いかもね)
見る人によっては自慢話としか写らないでしょう。このページには他にも「自慢話」としか思えないような表現の箇所がいくつもあります。自慢話は他人から最も嫌われる話の1つです
最初は小さな出会いかもしれませんが
その小さな出会いの積み重ねが大事です。

人と人の結びつきがあって、初めて大きな輪(サイトの発展がある)出来るのです。
運営者はこの事が分からない?忘れてしまった時に
サイトの衰退がはじまります。
なんかインターネット(比較的最近普及した媒体?)ってことで
若者が主体なんて思ってませんか?

個人的には年齢なんかあんまり関係ないと思います。

高齢者だろ~が、子供だろ~が 年齢に関係なく
才能があれば素晴らしいサイトを作る事はできます。
(実際にそういうサイトは多い)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。